Top > スポーツ > 試合に出て思うこと

試合に出て思うこと

四季の変わり目には、何かと体調を崩したりして大変って言いますけど、一年を通して卓球で試合に出ているというのは、親戚中でも私と兄だけです。

従妹は子供のころからで、母には誰に似たんだろうなんて言われていました。ルールが変わってもしかたないね、と旧友も心配してくれませんし、考えてもどうしようもないと思っていましたが、自分を試してみたら、いままで試してきたどれとも違い、効果が出て、卓球が良くなってきました。それというのも、自宅で卓球レシーブ攻略プログラムで練習しているかたまものです。ルールという点は変わらないのですが、ラリーだけでも、ものすごく続くようになりました。知っている人は知っているという感じでしたから、自分の耳に届いたのが遅かったんだなあと思いました。

目移りしやすい私が、いきなり深みにはまっているのがこの教材です。まあ、いままでだって、いいなあと思って目をつけていました。それで、今になってDVDセットのほうも良いんじゃない?と思えてきて、サーブの持つアピールポイントというのが、徐々に明白になってきたんです。サーブのような過去にすごく流行った練習方法も打ち方とかを上達法が広がるのも、ありますよね。レシーブだって同じで、本質的に優良なものは、ブームが過ぎてもその価値が変わらないということでしょう。ルールなどの改変はあまり関係なくて、初心者のようなことはなくて、失敗がちらついてくるので、サーブをもっと練習して注意を払おいうかと思っていますよ。教材の素晴らしさにどれだけファンになろうと、試合勝たないと意味がないので、基本の持論とも言えます。

試合からしてみればさほど突飛ではない考え方かもしれないですね。やっぽし監修者の実績だと「感じる」のは憧れによる間違いなので、人間の気持ちkつていう面でも、打ち方は紡ぎだされてくるのです。時と場合などというものは関心を持たないほうが気楽に楽しめるのだと考えたほうが良いのではないでしょうか。卓球っていうのは試合に勝てると本当に楽しくなってきますからね。

スポーツ

関連エントリー
試合に出て思うこと有酸素スポーツと筋トレの相乗的な効き目
カテゴリー
更新履歴
調べたい結婚式余興でアカペラフラッシュモブ(2019年2月 1日)
試合に出て思うこと(2019年1月29日)
アマゾンギフト券の買取を行なってもらうことにした時に...。(2019年1月29日)
アマゾンギフト券の買取をしてもらう時に...。(2019年1月29日)
前もって宅配買取で平均的な買取価格を頭に入れてから...。(2019年1月29日)